2015年07月29日

【お茶】立礼お稽古48回目。祭りの夏。


先日の京都の祇園祭で山鉾が町を巡っている頃、
自宅でお茶のお稽古がありました。







まずは恒例の主菓子からご紹介。
『千葉虎屋』の「あさがお」。
_7173589.jpg

ちなみに、
千葉虎屋さんはあの有名なとらやとは関係ないようです。






上から見ると、葉っぱがかわいい♡
_7173590.jpg

しかも美味しいです。







お濃茶の設えはこんな感じ。
_7173587.jpg

自宅で簡易式に習っているので、工夫して手作りの棚です。
新しい茶筅をおろすので茶筅飾りをしました。

平棗は即中斉好みの「誰が袖 夏」。
涼しげな青色にとんぼが描かれています。
春夏秋冬があるうちの、夏。
春は桜、秋は菊、冬はつばめが描かれているそうです。







お干菓子は『俵屋吉富』の「おくちどり」。
_7173586.jpg

右上のお煎餅には祇園祭の山鉾が描かれています。
ぶどうの砂糖菓子が美味しかった〜。







茶花は木槿。
_7173599.jpg

と、紫色のお花はキキョウです。
木槿って街中でよく見かけるけど、飾ると存在感があってすごく綺麗。
薄い花びらも涼しげです。
でも、、、咲いたら1日で枯れてしまう。。。







お昼ごはんは昨日の記事に書きましたが、
夏野菜のキーマカレーにしました。
_7173596.jpg

簡単おランチでも少しは季節感を。


先生、本日もお稽古ありがとうございました。
来月のお稽古は真夏真っ盛り。
どのような設えでお稽古できるのかなあと、今から楽しみでするんるん






******

晩ごはんのあとは、主人にもプチおもてなし。
これを結構楽しみにしてくれているらしい。プププ。
_7173601.jpg

あさがおの平茶碗にお薄を点てました。
主菓子の銘は「夏の空」。
日本の和菓子は美しい〜♡

ご訪問ありがとうございます。
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪

レシピブログに参加中♪

posted by きちりーもんじゃ | Comment(0) | TrackBack(0) | お茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月30日

【お茶】立礼お稽古47回目。梅雨の楽しみ。


梅雨に入ったばかりの6月中旬、
月一回恒例の立礼のお稽古がありました。

ようやく夏らしい日が続いたと思ったら急に蒸し蒸し。
でもそんな鬱陶しい梅雨の季節も、
お茶のお稽古では楽しみに変わります。







まずは主菓子からご紹介。
鶴屋吉信』の「紫陽花」。
_6163295.jpg

鶴屋吉信さん曰く、
 露に濡れきらきらと光る紫陽花。
 雨の季節をいろどる花を表現いたしました。
とな。

美しい〜。
一番下には硬めの水羊羹が敷いてあります。






一人一切れいただくと、お腹に結構ずっしりきます。
_6163297.jpg

このあとのお濃茶が美味しいのなんのって。






お干菓子は、『甘春堂』さんの季節のお干菓子「若葉萌ゆ」。
_6163293.jpg

こちらは京都のお土産です。






そして、本日使わせていただいた茶器は「鵜飼いの金輪寺」。
_6163294.jpg

茶入れは、海外で買ったお土産のガラス壺を茶入れに見立てて使いました。
お抹茶をすくうときに透き通るので涼し気でとってもきれい。
だったのに写真が撮れませんでしたー。







本日の茶花。
_6163301.jpg

葉の感じが涼し気で何とも夏らしい茶花です。
真ん中の赤いお花は本日のご馳走で、「仙翁」。
薄紫のお花は「なでしこ」。
ふわふわした白いのは「虎の尾」です。


先生、今月も素敵なお稽古をありがとうございました。

7月は梅雨が明けているといいなあ♡
爽やかな夏のお稽古もまた楽しみです。



ご訪問ありがとうございます。
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪

レシピブログに参加中♪

posted by きちりーもんじゃ | Comment(0) | TrackBack(0) | お茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

【お茶】立礼お稽古46回目。五月の薫り。


先日、お茶のお稽古がありました。

自宅で習う立礼式の表千家です。
簡略式にお稽古ができるように、リビングを茶室に設えていざ。







でもまずは恒例の主菓子からご紹介。
一応、お料理ブログですからね♡
「葛まんじゅう」。
_5182927.jpg

お店の名前は失念しました。
冷蔵庫でしばらく冷やしてぷるんと美味♡







こちらの葛まんじゅんは、涼やかな籠に入れてスタンバイ。
_5182926.jpg

そしていただくときに、、、






ぱっかーん。
_5182929.jpg

いつも焼き魚に添えている大根おろしを入れる小皿に、
銘々を盛り付け。







お次はお干菓子です。
_5182925.jpg

歌舞伎座土産『和座』の「葛」。鳳凰の形をしています。
手前は海老せんべい。

歌舞伎座の海老蔵をもじったそうな。
先生ったら洒落がきいています〜。

写真はありませんが、
あとは土佐銘菓『浜口福月堂』の「野根まんじゅう」もいただきました。







さてさてお茶は、
紫色の5月の花、菖蒲が描かれたお茶碗で。
_5182921.jpg







右側の茶入れには青楓が描かれています。
新緑の季節にぴったり。
_5182923.jpg

お茶のお稽古が一番四季を感じられる時間です。(それってどうなの)

お濃茶の方では、9代目楽了作の信楽茶壺の茶器を使わせていただきました。








茶花の花器も涼やかな籠に衣替えです。
_5192939.jpg

凛と立っているのが「紫蘭」と、
もう一つは「京鹿子」。

初夏の茶花からは元気がもらえます。
京鹿子はシュンとなってしまったら、
茎を切って火であぶるとまたシャキッとするんですね。不思議。



先生、本日も素敵なお稽古をありがとうございました。

ご馳走さまでしたるんるん





*******

晩ごはんの後には、主人にもプチおもてなし。

はい。
_5182933.jpg






ぱっかーん。(ぱっかーんやりたいだけ)
_5182934.jpg

こちらの緑色の葛には、歌舞伎座の正面が形取られています。



ご訪問ありがとうございます。
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪

レシピブログに参加中♪

posted by きちりーもんじゃ | Comment(0) | TrackBack(0) | お茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする